指導教員:多々見 純一 (教授)

専門分野
 無機材料科学、セラミックスプロセッシング、破壊

研究テーマ
 セラミックス粉体プロセス(粒子合成・成形・焼結・加工)の科学
 非酸化物セラミックスの高機能化
 破壊の本質解明に基づく先進的粉体プロセスを用いたセラミックスの高信頼性化

研究内容
 茶碗やガラスのコップは落とすと割れてしまいます。優れた機能を有する先進セラミックスを、自動車や電池などの環境・エネルギー分野に資する領域に適用するためには、できるだけ破壊しにくくする、すなわち機械的信頼性の向上が不可欠です。我々は、これまでに勘と経験に頼りがちだった粒子合成・成形・焼結・加工といったセラミックスの粉体プロセスをより科学的な立場から解明し、的確に制御するための研究を行っています。また、セラミックスの破壊現象を原子〜ミクロ〜マクロ・EXケールで理解し、先進的粉体プロセスと合わせることで、セラミックスの高信頼性化と優れた機能引き出す研究を進めています。特に、窒化ケイ素、窒化アルミニウム、サイアロン、炭化ケイ素、窒化ホウ素などの非酸化物セラミックスを重点的に研究しており、世界の拠点の一つとして活躍しています。微構造制御の一つとして、例えば、窒化ケイ素セラミックスの磁場による配向制御に関する研究も行っており、高い熱伝導率を実現しています。さらに、粉体プロセスの究極の一つである透明化にも取り組んでおり、透明でかつ蛍光性を有する窒化物セラミックスの作成にも成功しています。

担当授業科目
 材料科学(2年生・秋学期)、機能性材料化学(3年生・秋学期)、化学・生命基礎演習B(1年生・秋学期)、化学EP演習T(2年生・秋学期)、化学・生命基礎実験T(2年生・秋学期)、化学・生命基礎実験U(3年生・春学期)

指導教員:飯島 志行 (准教授)

専門分野
 粉体工学、化学工学、粉体材料プロセス

研究テーマ
 機能性微粒子・ナノ粒子の表面設計と分散・凝集・配列挙動の制御
 機能性微粒子から構成される各種複合材料の機能制御

研究内容
 機能性微粒子/ナノ粒子は電子・化成品・医薬化粧品・食品・塗料などを一例としたあらゆる場面で、 セラミックス(無機/無機複合体)、ポリマーコンポジット(有機/無機複合体)、コロイド状分散体、 乾燥粉末などの様々な形で広く利用が進められています。このような機能性微粒子から構成される複合材料の機能性や生産性は、 微粒子の大きさや分散状態によって大きく影響を受けるため、材料を調製する過程での自在な微粒子分散・配列制御技術の構築が 複合材料の高機能化や機能制御に向けて重要な鍵になっています。このような背景を受けて、液相法を用いた液中分散性の高い機能性微粒子の 調製法の開発、微粒子材質に応じた各種表面設計技術の開発、微粒子表面構造の精密制御による各種溶媒における粒子分散安定性の制御および、 微粒子の複合材料中における配列制御法などについて検討しています。また、これらの微粒子分散・配列技術を用いた複合材料の高機能化 に向・ッても取り組んでいます。

担当授業科目
 結晶学(2年生・秋学期)、無機材料化学(3年生・秋学期)、化学・生命基礎演習A(1年生・秋学期)、化学EP演習T(2年生・秋学期)、化学・生命基礎実験T(2年生・秋学期)、化学・生命基礎実験U(3年生・春学期)

研究員・秘書

高橋拓実 (神奈川県立産業技術総合研究所 常勤研究員)
高橋絵美 (神奈川県立産業技術総合研究所 研究補助員)
小池弘子 (秘書)

学生

博士課程後期 D
学年 氏名
D1 森田聖太郎(JSPS特別研究員DC1)

博士課程前期 M
学年 氏名
M2 河原田泰裕
M2 國分一平
M2 佐渡万里子
M2 早川正洋
M2 松上歩加
M2 水本駿介
M1 井本有美
M1 宇賀厚志
M1 梶井健司
M1 坂本文香
M1 長谷川健太

学部生 B
学年 氏名
B4 秋元勇人
B4 有田凌也
B4 加藤真由
B4 齋藤鞠奈
B4 瀧直也
B4 山口拓志