研究の概要

私たちの研究室では、粉体材料プロセッシング技術を最大限に活用して、原子~ナノ~ミクロスケールで構造制御された環境・エネルギー・情報機器に貢献する先進セラミックスや複合材料を創ることを目指しています。

このためには、部材の微構造を能動的に作り込んで所望の特性を引き出す技術の構築や、できるだけ部材を破壊しにくくする、すなわち機械的信頼性の向上を実現しながら材料を製造する手法の確立が不可欠です。

我々は、これまでに勘と経験に頼りがちだった粒子合成・分散・成形・焼結・加工といったセラミックスや複合材料の粉体プロセスをより科学的な立場から解明したうえで、的確に制御、活用するための研究を行っています。

お知らせ

当研究室を志望される方へ

研究室見学を随時受け付けております。
興味のある方はお気軽に下記まで御連絡下さい。
※(a)を@に変換してください。

多々見 純一 教授 (E-mail:tatami(a)ynu.ac.jp)
飯島 志行 准教授 (E-mail:iijima(a)ynu.ac.jp)

幅広い分野の学生の方々の訪問を歓迎致します。
他大学からの学生や社会人博士の受け入れ実績も多数有ります。

Ph.D. Defence (22 Jan. 2020)

S. Morita. Title: Control of particle assembled structure in nonaqueous concentrated slurries and application to ceramic processing
博士論文公聴会(森田聖太郎 氏) "非水系高濃度スラリーにおける微粒子の集合構造制御とセラミックプロセッシングへの応用"
EIS 1 building (環境情報1号棟) room 305, 13:00-

News (20 Jan. 2020)

Our article by M. Iijima et al., has been featured in the website of "Advances in Engineering (AIE)" as an important paper.
飯島准教授らが発表した論文が工学的意義の高い論文としてAdvances in Engineering (AIE) のウェブサイトで紹介されました。

To AIE web page

Award (15 Dec. 2019)

M. Kubota, H. Yamaguchi, H. Akimoto,Presentation Award of the 14 the Ceramic Fest in Kanagawa
窪田(修士1年), 山口(修士2年), 秋元(修士2年)が,第14回セラミックフェスタin 神奈川で表彰

Award (6 Dec. 2019)

M. Kato et al.,Ceramographic Award of the Ceramic Society of Japan
加藤(修士2年)ら,日本セラミックス協会学術写真賞優秀賞

To YNU HP

New article (29 Nov. 2019)

Y.W.Kim, E. Tochigi, J. Tatami, Y. H. Kim, S. H. Jang, S. Javvaji, J. Jung, K. J. Kim, Y. Ikuhara, Carrier Depletion near the Grain Boundary of a SiC Bicrystal, Sci. Rep. 9, (2019) 18014.

To article web page

Award (1 Oct. 2019)

M. Kato et al.,2nd place, Ceramigraphics competition, MS&T2019
加藤(修士2年)ら,Ceramigraphics competition 第2位,MS&T2019

New article (1 Jul. 2019)

F. Sakamoto et al., Prediction of strength based on defect analysis in Al2O3 ceramics via non-destructive and three-dimentional observation using optical coherence tomography, J. Ceram. Soc., Jpn. 127 (2019) 462-468.

To article web page

New article (1 Jun. 2019)

H. Yamaguchi et al., Measurement of mechanical properties of BaTiO3 layer in multilayered ceramic capacitor using a microcantilever beam specimen, J. Ceram. Soc., Jpn. 127 (2019) 335-338. Selected as front cover image.

To article web page

Link